お肌のターンオーバーのメカニズム

肌の質が決まると言っていいほど重要な肌のターンオーバー。肌のターンオーバーはとても繊細で、正常に機能できていない人が多くいらっしゃいます。その結果、肌トラブル、一生懸命ケアするも中々回復しない、良いといわれる事はやっているのに肌が綺麗にならないとお悩みの方も多いはずです。

肌のターンオーバーの仕組を理解して、年齢に負けない健康的な美しい肌を保ちましょう。

  ターンオーバーの仕組み

肌のつくりは少し複雑ですが、下図にあるように皮膚は「表皮」「真皮」「皮下組織」からできています。それぞれの層により役割が違うますす。

表皮:外から受ける刺激から体を守る
真皮:表皮を支える
皮下組織:外から加わる力などから体を守る

この3つの層の中で一番外側にある表皮でターンオーバーが行われます。

表皮で起こる細胞の新陳代謝

表皮はさらに細かく4層に分けられ、一番内側から「基底層(きていそう)」「有棘層(ゆうきょくそう)」「顆粒層(かりゅうそう)」「角質層(かくしつそう)」と4層構造になっています。この表皮の厚さはおよそ0.2mm程度と非常に薄いことも、スキンケアをするうえで重要な知識となります。

基底層の役割

すぐ下の真皮層にある毛細血管から栄養を受け取り、細胞分裂を繰り返し、表皮の元である角化細胞を作ります。さらに、色素細胞であるメラノサイトが存在するため、紫外線や刺激を受けるとメラニン色素を生成し、真皮層にダメージが届かないように防ぐという重要な役割もになっています。

有棘層の役割

表皮の中で一番厚い層です。基底層で作られた角化細胞が押し上げられ、有棘(ゆうきょく)細胞というものになります。細胞間にはリンパ液が流れ、老廃物を流し、表皮に栄養を運ぶ役割を担っています。そして免疫細胞(ランゲルハンス細胞)が、体内に入ってきた物質が異物なのかそうではないのかを判別しています。異物と判別した場合は体外に排除しようとし、その時に現れるのが「アレルギー反応」です。熱い、痛いなどを感じる知覚神経もここにあります。

顆粒層の役割

顆粒層も外的刺激から皮膚を守る働きをします。顆粒層にはケラトヒアリン顆粒という小さなビーズのような粒が存在しており、入ってきた紫外線等を跳ね返す役割をしています。また、角質層の水分保持に欠かせない角質細胞間皮質と自然保湿因子であるNMFが作られます。

角質層の役割

角層は外的刺激から皮膚を守るバリアの役割を果たしており、絶えず外的刺激から皮膚を守っています。角質細胞は死んだ細胞ですが、この層がなければ私たちの体は外界からの攻撃でボロボロになってしまいます。体内の水分が蒸発しないのも、体内に細菌や異物が皮膚から侵入しないのも、お風呂に入っても体内に水分入ってこないのも、この角層のバリア機能のおかげです。

角質層は各層ともいわれ、およそ0.02mm、角質細胞と角質細胞間を埋め尽くすように存在し、約50%がセラミドで占める角質細胞間皮質と自然保湿因子NMFを含む水分でできています。

角質層の表面には、汗腺から分泌される汗と皮脂腺から分泌される皮脂が程良く混ざった皮脂膜があります。この皮脂膜が角質層を守っており、天然の保湿クリームとなって、肌を保護しています。

新しい細胞が生まれてから角質層の細胞はすでに細胞核が失われており、死んだ細胞が15層程度積み重なっている状態です。これらが剥がれ落ちるまでの周期をターンオーバーと言い、通常約4週間(28日)かかります。

  お肌トラブルの原因となるターンオーバーの乱れ

ターンオーバーは早すぎても遅すぎても、肌トラブルを引き起こします。ターンオーバーが乱れる=ターンオーバーが遅いと思われがちですが、短期間で過度なピーリングを行うなどターンオーバーが早いことが原因の人も多いのも事実です。

肌のターンオーバーの理想的な日数は、約14日間かけて角化(角質層まであがる)し、そして角質層で約14日かけて、役割を果たし剥がれ落ちるサイクルです。

ターンオーバーが早い場合

顔を洗いすぎたり、過度な角質ケアでターンオーバーは早まります。

ターンオーバーが早いと、本来は栄養をもらいながら角化する過程が未熟になり、それぞれの層で十分な働きができなくなります。

また、細胞間皮質やセラミド、自然保湿因子のNMFといった肌の保湿に必要なものが十分に作られないという事態が起き、保湿力がない、カラカラと乾いてもろい角質になります。

このような、保湿力がなくもろい角質はダメージに弱いので、刺激やダメージを受けると硬化してしまいます。そして、剥がれ落ちるときに必要な酵素が十分ではないために、剥がれ落ちるのに時間がかかってしまいます。

しかしターンオーバーは早まっているため、下からはどんどん未熟な細胞が角化され続けるという悪循環に陥ります。細胞も保湿も未熟な表皮は、ダメージから細胞を守ることができなくなり、様々な肌トラブルを招きます。特に敏感肌や乾燥肌の人は、ターンオーバーが早い可能性があります。

ターンオーバーが早いときは、クリームで表面を滑らかにし、丁寧に保湿と保護をし、洗いすぎないようにすると正常化につながります。

ターンオーバーが遅い場合

ターンオーバー周期には個人差がありますが、一般的には年齢を重ねるとともに新陳代謝が低下し、30代~40代になると45日程度はかかるといわれます。年齢とともに小さな傷が治りにくくなっていくのはそのためです。

ターンオーバーが遅いということは、肌の生まれ変わりが遅いということになるので、古い角質がいつまでもくっついているということになります。また角質はすでに死んでいる細胞のため、長い期間、肌に残っていればいるほど、硬く汚くなり見た目にもごわついた汚い硬い肌に見えてしいます。また、日焼けの回復も遅くなり、メラニンが沈着しやすくなり、シミの原因にもなります。

肌がくすむ、シミが増えた・濃くなったなどの症状が現れたらターンオーバーの機能が低下しているサインだと見逃さないようにしましょう。

  ターンオーバーが乱れる原因

なぜターンオーバーが乱れるのか?その原因は外的な要因と内的な要因が考えられます。

外的な要因

肌は日々、様々な刺激を外部からうけることになります。その中でもターンオーバーが乱れる原因となりやすいものが以下のものです。

強く洗いすぎる

必要以上に洗いすぎたり、強く洗ってしまうと、角質を無理やり剥がしてしまいます。角質が剥がれると、次の角質を急いで作らなければいけなくなるので、未熟な状態の細胞がターンオーバーを繰り返す悪循環をうみだします。

また、洗顔すると皮脂もとれすっきりしまが、皮脂は天然保湿クリームです。必要以上に皮脂をとるとターンオーバーを乱す可能性があります。

化粧品の成分が強すぎる

洗浄力が強いもの、特にメイク落としの成分は、多くの商品では合成界面活性剤をはじめ、落ちにくいメイクを落とせるように作られます。

美白や肌をつるつるにする、くすみがとれる、などのキャッチコピーで販売される一般市場のスキンケア用品には、合成界面活性剤をはじめ、角質除去を促進する成分が多く含まれ、また皮脂も必要以上に落とします。

これらはターンオーバーを乱す原因になります。

紫外線

紫外線は肌細胞にダメージを与えます。細胞がダメージを受けると、早く正常に戻そうとターンオーバーを早めることになります。また、肌を紫外線から守るために、角質を厚くし守ろうとし角質をため込み角質肥厚を引き起こします。

紫外線は1年を通して降り注いでいます。1年を通してのUVケアを意識しましょう。

内的な要因

お肌は体の中で作られます。外からの刺激だけでなく、体の内側を整えることも大切です。

睡眠不足

睡眠中は細胞を修復し再生させる成長ホルモンが分泌します。またターンオーバーが行われるのも睡眠中です。

毎日少ない睡眠を繰り返していると、ターンオーバーが正常に行われないためターンオーバーが遅くなります。

ホルモンバランスの乱れ

美肌のホルモンとも呼ばれる卵胞ホルモン。ターンオーバーを促進し正常化するホルモンです。排卵前は肌の調子が良くなったり、生理前になると肌の調子が悪くなったりするのもこの卵胞ホルモンの影響です。

ホルモンバランスが崩れ、卵胞ホルモンが減少してしまうと、ターンオーバーが促進されないため、ターンオーバーが遅くなり、肌の生まれ変わりがスムーズに行われないので、シミなどの原因になります。

ストレス

ターンオーバーと自律神経は深くかかわっています。ストレスは、自律神経を崩し血行も悪くなるので、新陳代謝が悪くなりターンオーバーの乱れを引き起こします。

また、自律神経が崩れればホルモンバランスの乱れ・睡眠にも影響を及ぼしターンオーバーを乱します。

年齢による老化

年齢を重ねていくと、細胞の働きが衰えるため、ターンオーバーにかかる日数もかかります。

さらに、細胞が衰えているため十分に細胞が育たなくなり、刺激やダメージにも弱くなっていきます。そのために細胞はターンオーバーを早めようとしますが、働きが弱いので未熟な細胞のまま、だらだらとターンオーバーを繰り返し、角質は硬化し剥がれ落ちずに溜まっていき、様々な肌トラブルを引き起こします。

ターンオーバーが約28日周期で行われているのは、20歳前後の人です。30代になればおよそ45日、40代になるとおよそ60日前後かかるようになるといわれています。

お肌の栄養不足

肌に必要な栄養が足りなければ、肌細胞は十分に育つことができません。

未熟なまま細胞は栄養が足らないので十分に働くこともできなく、細胞が未熟なまま押し上げられていくため、バリア機能が未熟な、固くゴワゴワの角質がいつまでも肌に残ることになります。

  お肌の状態を判断できるプロに相談

肌のターンオーバーを乱す原因はたくさんあり、肌への刺激や生活習慣も大きくかかわっています。

年齢を重ねることで起こるによる肌のトラブルは、ターンオーバーの乱れだけでなく、これまでのダメージや、間違ったケアが積み重なったものです。

若い方でも、スキンケア用品などの刺激がターンオーバーを乱す原因になり、今の間違ったケアが将来的な肌のトラブルを引き起こす原因を作ってしまいます。

また内面的なダメージがターンオーバーを遅くする原因になり、ストレスの多い現代人の肌は、ターンオーバーが早くなったり遅くなったり、常に乱れていることも多いです。

お肌を健康に保つことが美肌で居続けられる前提です。今の肌よりも、まだ見ぬ先のために健康に育った丈夫な肌を作ることが大切です。

ホワイトカメリアではお肌の状態を正確に判断できるセラピストによるスキンケアアドバイスも行っております。お気軽にご来店ください。

ダーマロジカが体験できるスキンバーのご案内

いつまでも若くて綺麗をサポート
エイジングなら
WhiteCamellia

Follow Me